2009年10月17日

オススメのスキンケア本

最近いろいろスキンケア本などが出ていますが、選ぶポイントがあります。

「著者の経歴」

が重要!美容家とか、最近注目を浴びた一般人などは論外。
中には化粧品会社社長とかもありますが、コレは一番危ない(笑)
自社製品がいかにいいかということを書いて、その他は危ない!とやたらと危険を煽る手法が多いです。

例:バカがつける化粧品(ゼノア化粧品)


合成界面活性剤が危険!!!とやたらと謳ってます。
確かに肌に良くないものもありますが、そう問題ないものも危険と言ってるので、疑問です。
コレを皮膚科学を研究してる博士に読んでもらいましたが、なんだこの本?あってる所もあるけど、間違ってることも多々あるね。

「時代が古いし、間違ってる情報もあるからどうなんだろうね〜」

とのことでした。
怖い....本って正しい情報と思ってしまうので、ある意味怖いです。

というその博士がオススメするスキンケア本を紹介してもらいました。
その本というのは....

美容皮膚科医の「吉木伸子」さんの本でした。

「大人のスキンケア再入門」という本です。680
円!(安い)

その博士曰く「論理的で、皮膚科学を勉強してる人なら当たり前に知ってるスキンケア方法を書いてる」とのこと。

私ももちろん読みました。
今まで私がしてきたスキンケアが正しい!と再確認もできましたし、知らないことも多々あり、勉強になりました。

まず、オーガニック化粧品がいい!(すべて天然がいい)

という考えがまずい..んですよね。
その博士も言っていました。
植物は動物とは程遠い生き物、それを肌に塗るというのは、アレルギーもあるし、アレルギーが出ないと言っても、実はちょっとづつ老化の原因になってる物質もある。でも肌にとっていい成果しか研究されないから、マイナスの要素を研究してる人って実は少ない(その博士はマイナスの要素を研究してる方)。

植物は人間は基本的に食べるように出来てる、肌にやたらと塗るのはどうかな...と。

植物エキスがやたらと詰め込まれたものが売ってますが、私はそれを聞いて怖くて使えません...
吉木伸子さんも天然神話に疑問を投じています。

是非、読んでみてください!
勉強になりますよ手(チョキ)


この記事へのコメント
私も吉木さんの本、愛読してます〜。

銀座の美容皮膚科医なのに、せっけん洗顔を薦めているのに驚きました(笑)

自然派スキンケアと最新美容法、「安全性」と「効果」のバランスが取れていて、いい内容ですよね。

ローションパックに効果がないと言っている点は「?」でしたが。(私は効果を感じているので)

昔の本は、一理ある部分もあるけど、昔と今では化粧品事情や常識がずいぶん違いますもんね。

私も、もともとは天然成分にこだわっていましたが、自分で化粧品をつくるようになって認識が変わりました。防腐剤入れないとすぐ劣化するし(笑)

合成界面活性剤も肌にやさしいものが増えていますし、アレルギーや成分劣化の問題を考えると、天然成分や無添加にこだわりすぎることはないかなぁ、と思います。
Posted by hana at 2009年10月21日 09:58
hanaさん★

hanaさんも愛読してたんですね!確かに吉木先生の本はいいですよね。
合成界面活性剤など凄い悪と思われてる方もかなりいらしゃるな〜と思います。

何より、正しい知識を持って化粧品を選ぶのが1番かと思いますよね。
そんな意味で吉木さんの本が一番いいかな..
Posted by acnelabo at 2009年10月24日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。