2006年08月09日

ミネラルファンデとナノ

ミネラルファンデとナノのコメントがあったので、私なりの見解を書きたいと思います。以前にもナノ粒子の安全性について書いたのですが、一般的な意見として書きました。

ご質問コメント:Mineral Boutique、Monave(コンシラーのみ)ナノ採用ときいたのですが、また、吸入による健康被害も懸念されているようですが。リキッド状にして使っても元がパウダーなので多少は吸入してると思いますし。参考までにご意見聞かせてください。よろしくお願いします。

では、自分はどう思ってるのか....

banner_02.gif←この情報がお役に立ったら、よければ応援クリックお願いします^^

ナノ粒子と比べられるのが、アスベストの問題。
アスベストの発病までにはかなりの時間を有します。そして、問題なのは、刺さる形状。突き刺さったアスベストは、体にとっては異物ですので、それを除去しようと免疫系の細胞がアスベストを食べます。この免疫系の細胞は、外部から来た菌やウイルスを食べてやっつけるのですが、アスベストは分解できないので、免疫細胞はアスベストを体内に抱えたまま死んでしまいます。死んだ細胞はやがて分解され、すると中からアスベストが出てきて、また別の免疫細胞がそれを食って・・・と、永遠続きます。また、アスベストが刺さった細胞は上手く細胞分裂ができないので核分裂異常を起こします。そして分裂の失敗で死滅します。
そうすると、長い年月の内に、アスベストの周りに、細胞の死骸が沢山残留することになります。この塊が、やがて腐りだすと何らかのタイミングでそこに癌細胞が生まれてしまいます。

ミネラルファンデ等や日焼け止めに使われてる酸化チタンの場合、針状結晶とは限りません。フットボール状や板状、花弁状などさまざまな形状が作られています。細胞に刺さりそうな形はあまり見かけませんが、細胞に取り込まれた際に、長い時間を経て、アスベストと同じ結果を生む可能性がない!ってことがまだ充分に証明されていません。
(コスメ瑠璃香さんのHPから抜粋しました)

でも、今現在人間は今でも1日あたり数百万単位のナノ粒子を呼吸を通じて吸い込んでいる状態なんですね。ディーゼル排気が一番大量の粒子状物質を含んでるんですから....。その他プリンタのトナーとかもう色々浮遊してるそうです。

私の見解は気にし出すと、何もできないよ〜って感じですかね^^
農薬やたばこの煙、狂牛病や遺伝子組み換え、ほんと今の社会絶対安全ってないのでは?と思います。

だから、ナノ粒子もその一つの問題だと受け止めています。例えミネラルファンデのナノを除外したとしても、外に出れば排気ガスのナノ粒子を吸い込んでる状態ですからね。

使うのは自分ですから、どうしてもイヤな方はナノ粒子を使用してないものを使えばいいことだと思います。ただ、マスコミや学者の意見を鵜呑みにするのも問題だと思います。現にナノ粒子について警告を発したアメリカの学者が書いた論文が先日実は変性した試料を使って毒性評価をしていたということが判明しているんですから。

ミネラルファンデを使用してから肌の調子はいいし、ナノ粒子のミネラルファンデの方が肌をキレイに魅せてくれるのは確かかな。

私の性格は「細かいことは気にするな〜、肌が調子よければ気分もいい」の一言です....。(適当なヤツです)
というミネラルファンデとナノ粒子の私なりの見解でした^^

banner_02.gif←この情報がお役に立ったら、よければ応援クリックお願いします^^
この記事へのコメント
ご回答ありがとうございます。実はEveryday Mineralのサンプルが今日届きまして、ナノでもせっかくだからと使いました。粒子細かいですね!確かにディーゼルの問題や食べ物だってきりがなく怖いものはたくさんありますよね。避けたいものは自分で選んでいくしかないですよね。
Posted by まりえ at 2006年08月09日 14:48
確かに今の現代は怖いものはたくさんありますよね、避けたいものは自分で避けていくしかありません...子供がいると、特に食の問題は大きいですね。
Posted by acnelabo at 2006年08月10日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

99.7%の人のかさかさ、 じゅくじゅく肌がつるつるになった生活改善術
Excerpt: 僕は、小さい頃から敏感肌なので、薬に頼らないで体質改善をする方法を探していました。 肌に悩みを持つ方は、必見です。 ・薬や専門の機械には頼りませ..
Weblog: 白虎の超推薦商品一覧
Tracked: 2006-09-05 11:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。