2007年01月16日

油溶性ビタミンC誘導体のこと

ビタミンC誘導体はもうすでに有名ですが、大きく分けて、2つに分類されます。

1つは、水溶性のモノ。もう1つは、油溶性のモノ。

即効性の水溶性、じんわりゆっくりの油溶性。そして油溶性は刺激の少なさが特徴です。油溶性ビタミンCで最も実績があり、あらゆる意味でデータ数が多いのがテトラヘキシルデカン酸アスコルビルです。

水溶性ビタミンC誘導体も美顔器などで、電気誘導してやると肌への浸透はグン!と上がります。しかし、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、そんなコトをしなくても、肌への浸透は高いのです。
では、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルはなぜ、肌への浸透が高いのでしょうか?

>>続きを読む前に人気のスキンケアランキング!美肌の情報が満載


一部のサイトでは、「油溶性ビタミンCの肌への浸透が高いのは、界面活性剤が入っている(界面活性剤の形になっている)からだ!」と、間違った解釈をされているようです。
実は、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルの肌への浸透の良さは、オリーブ油が肌へ浸透しやすいのと同じ原理なのです。

肌には、皮脂が存在します。肌へオイルが浸透しやすいのは、オイルが皮脂に溶ける為に、皮脂の中を通って、肌の深い部分まで浸透するのです。逆に、水溶性ビタミンC誘導体は、皮脂に邪魔されて入りにくいのですね。

さて、皮脂に馴染みのいいオイルの一種にパルミチン酸があります。テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、ビタミンCの四方をそのパルミチン酸でキャップするとこで、あたかもオイルのようになってビタミンCを肌の深部に送り込みます。つまり、肌バリアを破壊することなく浸透できる点が、界面活性剤と違う点ですね。

もちろん私も使っています! 油溶性ビタミンCを水中でナノエマルジョン化してるので、さらに浸透性が良くなっています。アロエ・クロレラ・カッコンエキスの3種類からなる原料でプラセンタやコウジ酸などにも劣らない美白効果を発揮する「バイオアンテージ」も配合してるので、美白やニキビ跡にもオススメですよ!
この記事へのコメント
ビタミンCはやっぱり大事ですね
Posted by にきび予防 at 2008年01月15日 07:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31508607
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

“美”を追求する女性オススメの番組を見るなら
Excerpt: “美”を追求する女性オススメの番組を見るならこれ 
Weblog: ★これ!便利かも!?グッズ・商品紹介ブログ★
Tracked: 2007-01-19 22:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。